商品コード:
103416

新装版 発達障がい児本人の訴え 合本

1,000 円(税込)
個数

商品についてのお問い合わせは下記お問い合わせフォームから受け付けています。お気軽にどうぞ♪

未開封・未使用の状態で、商品到着後10日以内にご連絡をいただいた場合のみ返品を受付いたします。
詳しくはこちら

こちらはゆうメール対応可の商品です。

・ゆうメールでの購入をご希望の場合は、カートの中にはゆうメール対応可商品のみを入れ、その商品合計金額は1000円(税込)以内としてください。



※2015年2月、新装版を発刊。内容はそのまま、従来2冊組だった冊子を合本しました。

発達障がいをもつ小学校6年生が「夏休みの宿題」で、
自分の体験を50ページほどのレポートにまとめた冊子です。

クラスに1割近くいる発達障がいの子どもたちが
どのように授業を受け止め、日々を過ごしているのか、
本当はどうしてほしいのか。切実な思いが綴られています。

自閉症グループの子どもは、時に話すことよりも書くことの方が得意で、
自分の気持ちをうまく伝えることができます。

教育の第一級の資料です、文字通りすべての先生に伝えたい内容です。

(1)TOSS教師による解説編、(2)平山先生による逐条解説編を
1冊に合本した新装版です!


解説:向山洋一(TOSS代表)

心あたりはありませんか?

☆国語の授業で「どんな感じですか?」「どんな様子ですか?」
 「どう思いますか?」という質問をされる。
 僕の頭の中は、意味が全然分からずチンプンカンプンになる。
 何も思い浮かばない。頭が真っ白状態。
 なんかイライラしてくる。

☆顔の表情や身ぶりで何かを伝えようとされる。
 さっぱり分かりません。
 学年集会・全校朝会などで、近くの人や先生が表情や身ぶりで
 何かを伝えようとするが、はっきり言われないと分からない。
 混乱してしまうだけ。

☆やってはいけない事・迷惑な事をしたときにはっきり言葉で
 言わないで、たとえ話で話をされると、さっぱり分からない。

☆自分の声の大きさが分からず、音楽の合唱で自分だけ
 大きな声が出てしまう。

一生懸命な先生ほど、こんな時に「何で?」という思いはあるはず……。
「こうしてほしかった。」「こうすれば理解できた。」
発達障がい児本人が語る対処法が書かれています。

各種メディアで取り上げられています

2011年11月9日(水)朝日新聞朝刊の教育欄にて
「僕の障害のこと 分かって―アスペルガー男子の小6自由研究 出版」
として本書が紹介されました。

他にも産経新聞、教育専門雑誌など各種メディアや、
医師ら専門家による研究室や教育系大学研究室など
各方面でも話題になっています。

教育に携わる方、お子様をお持ちの保護者の方に
是非読んで頂きたい内容です。

「僕は僕の障害についてみんなにわかってほしいとずっと
 おもってきました。6年間、へんてこな障害のために
 僕はずっと苦しかった。自分でどうにもならないのに
 わけわかんなかった ――龍馬」

【先生の声】校内研修で… 「私たちも原因を作っていたのね」

学校一暴れん坊のT君がいた。
1年生のTくんは授業中、教室を抜け出し、徘徊する。
咎められると暴言を吐きその声は校舎中に響き渡った。

担任のA先生はうつ病になり服薬を始めるほどだったのに、
校内では若いA先生の指導力不足を非難する人もいた。

特別支援教育コーディネーターだった私は
校内研修で『発達障害児本人の訴え』の読み合わせをした。
A先生だけの力ではどうにもならない段階にきていたからだ。

「たくさん言われると何が何だかさっぱりわからなくなります」
「小さな声で言われてもわからない。手で教えてくれるとわかります」
という具体的な記述に職員はみな目から鱗であった。

「私たちも原因を作っていたのね。A先生、がんばろう」
職員がひとつになった。

(新潟県・小学校教諭 T先生)

この商品に対するお客様の声

商品コード:
103416

新装版 発達障がい児本人の訴え 合本

1,000 円(税込)
未開封・未使用の状態で、商品到着後10日以内にご連絡をいただいた場合のみ返品を受付いたします。
詳しくはこちら
TOPに戻る