商品コード:
911807
サイズ係数:
53
重さ係数:
181

教育トークライン誌2018年7月号 バックナンバー

750 円(税込)
個数
恐れ入りますが、お客様のご都合による商品の返品は承りかねます。詳しくはこちらをご覧ください。

この商品についてのお問い合わせは、上の「お問い合わせ」ボタンをクリックしてください。どうぞお気軽に!

こちらはポスト投函可の商品です。

詳しくはこちらをご覧ください。

ポスト投函でのお届けをご希望の場合は、カートの中にはポスト投函可商品のみを入れ、
【サイズ係数合計:200、 重さ係数合計:900】以内としてください。

※こちらは1冊毎のバックナンバー販売ページです。年間購読はこちらからどうぞ。

~『教育トークライン』とは~

『教育トークライン』誌は、先生のための教育総合情報誌です。
“明日の授業にすぐに役立つ”情報から、これからの教育界を先取りした最新情報まで、幅広い情報を先生方にお届けします。

「すべての子供の学力を保障する」

このスローガンを掲げ、すべての子供が等しく高いレベルの教育を受けられるように、教育技術や教育情報を共有するための雑誌として、『教育トークライン』誌は誕生しました。
1989年の第1号発行より、多くの先生方の応援を受け、定期購読誌として発展してきました。

●『教育トークライン』の内容
・向山洋一(TOSS代表)、向山行雄氏(全国連合小学校長会顧問)の貴重な論文
・“明日の授業ですぐに使える”情報や、最新の教育情報を知ることができる特集
・新任の先生でも、すぐに授業で試し、効果をあげることができる授業実践の紹介
・特別支援教育について、専門家や最前線で活躍する先生の、“困ったあの子にどう対応すればいいの?”という疑問を解決してくれる連載
など。

先生方の悩みが解消し、「明日、学校に行くのが楽しみになる」ように、『教育トークライン』誌は全力で応援しています。
学級経営や授業に悩んでいる先生、より良い教師になるために学びたい先生、ぜひ『教育トークライン』誌をご購読ください。

2018年7月号(No.499)は、「若い教師が「授業の腕を上げる」秘密」の特集です。

若い教師の方々は、「もっと授業がうまくなりたい」と日々努力しているのではないでしょうか。けれども、本誌の谷和樹編集長は「単に形式的なことだけをやっても効果はありません。」といいます。授業の腕を上げるためには、効果的な方法を知ることが必要なのです。

向山洋一が書いた『授業の腕をあげる法則』は、教育書としては異例のロングベストセラーであり、教師必読の書となっております。(現在は学芸みらい社より『新版 教師の腕を上げる法則』として刊行)
この中に書かれていることは、時代を経ても色あせることなく、現在でも効果的なものばかりです。
授業のうまさには定評があり、数々の“子供の事実”をつくり上げてきた執筆陣が、自らの学んだ「授業の腕を上げる法則」についてわかりやすく語ってくれます。
【内容】
1 子供の事実。教師の"腹の底からの実感"を基にした方法をスタンダードに
2 〇〇スタンダードは教育文化の創造を後退させる
3 説明しない、教えない。授業がうまい教師は説明せずに授業を組み立てる
4 目線を鍛える3つのステップ
5 特別支援学級で感じた腹の底からの手応え
6 学級崩壊の亡霊を追い出すために使いこなすべき重要な原則
7 できないとパニックを起こしていた子を笑顔にできる、算数ノート指導
8 全体の前で個別評定するから効果がある
9 優れた技術・方法を100学ぶ
10 「続ける」ことが上達の前提
11 明日の授業が本当に激変する「D表受検」
12 授業がうまい人に授業を見てもらい続ける
13 十段への道はD表にあり!
14 十段の授業で全国行脚する!
教育トークライン誌2018年7月号 バックナンバー

7月号の向山行雄氏「新時代の学校物語」は、「新学習指導要領への備え」です。

“管理職の立場からの意見を知ることができる”と大評判の向山行雄氏の連載は、今回、新学習指導要領を取り上げています。
全国連合小学校長会顧問を務めている筆者が、新学習指導要領の「総則」を読み解くための体制づくりを提案します。
「総則だけは、一定の人数が集まり、互いに質疑応答すれば理解が深まる。短い時間でもいいので、そのような時間を設定したいものだ。」と語る筆者は、具体的な研修の方法を提示しています。
新学習指導要領への対応・理解をどうしたらよいのか途方に暮れている方は、ぜひ、本稿をご一読ください。
教育トークライン誌2018年7月号 バックナンバー

『教育トークライン』には、中学校の授業実践ページもあります!

『教育トークライン』に掲載されているのは、小学校の授業実践だけではありません。
長谷川博之氏を中心とする中学校の先生方の授業実践も、毎号掲載しています。
7月号では、理科と国語の実践をご紹介しています。
理科は、中学2年「天気の学習」を、身近なものを使って実験し、ビジュアル的にわかりやすく生徒たちに理解させる授業実践です。
テキストの説明だけでは「実感を伴わない」ため、記憶に残りにくく、理解しづらくなります。実験をし、楽しく理解することで、生徒たちの学力が向上していきます。
国語は、俳句や短歌の学習です。長谷川博之氏の「大切なことは、教師が言うのではなく生徒に発見させる。」という言葉をもとに、生徒たちに発見させ、それを討論へと発展させていく授業実践です。
中学校の先生方は、ぜひ、ご注目ください。
教育トークライン誌2018年7月号 バックナンバー

「デジタル・トークライン」は豪華コンテンツぞろい!

「デジタル・トークライン」7月号
【CONTENTS】
1、向山語録 「21世紀の時代を、インターネットを自分のものにして、素晴らしい人生を送ってください」
2、谷編集長の5minアンサー「残業ゼロに向けた仕事術」
3、高段者に聞く Q&A! 林健広先生の「荒れた子への対応心得」
4、特集:若い教師が「授業の腕を上げる」秘密
5、デジタル・トークライン連動企画! デジタルでダウンロード、本誌で解説。
6、大成功の絵画工作指導(カラー画像)
7、今月のサークル動画
8、本誌掲載論文の関連カラー画像
①写真で解説!TOSS流板書術・ノート術
②授業が激変!TOSS指導法最前線
③現在進行形の教科書単元
④「基礎基本の授業例」と「主体的で深い学びの授業例」
⑤授業技量向上の法則
⑥人気女性ライター トークラインここだけの裏話
9、本誌PDF
10、今月の表紙人物(後藤新平について・水川勝利)

※コンテンツをご利用になるには、本誌に掲載されたパスワードが必要です。

この商品に対するお客様の声

商品コード:
911807
サイズ係数:
53
重さ係数:
181

教育トークライン誌2018年7月号 バックナンバー

750 円(税込)
個数
恐れ入りますが、お客様のご都合による商品の返品は承りかねます。
詳しくはこちらをご覧ください。
TOPに戻る