商品コード:
911804
サイズ係数:
53
重さ係数:
181

教育トークライン誌2018年4月号 バックナンバー

750 円(税込)
個数

商品についてのお問い合わせは下記お問い合わせフォームから受け付けています。お気軽にどうぞ♪

大変申し訳ありませんが、お客様のご都合による商品の返品は受け付けておりません。
詳しくはこちらをご覧ください。

こちらはポスト投函可の商品です。

詳しくはこちらをご覧ください。

ポスト投函でのお届けをご希望の場合は、カートの中にはポスト投函可商品のみを入れ、
【サイズ係数合計:200、 重さ係数合計:900】以内としてください。

※こちらは1冊毎のバックナンバー販売ページです。年間購読はこちらからどうぞ。

~『教育トークライン』とは~

『教育トークライン』誌は、先生のための教育総合情報誌です。
“明日の授業にすぐに役立つ”情報から、これからの教育界を先取りした最新情報まで、幅広い情報を先生方にお届けします。

「すべての子供の学力を保障する」

このスローガンを掲げ、すべての子供が等しく高いレベルの教育を受けられるように、教育技術や教育情報を共有するための雑誌として、『教育トークライン』誌は誕生しました。
1989年の第1号発行より、多くの先生方の応援を受け、定期購読誌として発展してきました。

●『教育トークライン』の内容
・向山洋一先生(TOSS代表)、向山行雄先生(全国連合小学校長会顧問)の貴重な論文
・“明日の授業ですぐに使える”情報や、最新の教育情報を知ることができる特集
・新任の先生でも、すぐに授業で試し、効果をあげることができる授業実践の紹介
・特別支援教育について、専門家や最前線で活躍する先生の、“困ったあの子にどう対応すればいいの?”という疑問を解決してくれる連載
など。

先生方の悩みが解消し、「明日、学校に行くのが楽しみになる」ように、『教育トークライン』誌は全力で応援しています。
学級経営や授業に悩んでいる先生、より良い教師になるために学びたい先生、ぜひ『教育トークライン』誌をご購読ください。

2018年4月号(No.496)は「4月初め何をしたらいいのか? とっておきの進行台本」の特集です。

向山洋一先生がつくった「黄金の3日間」という言葉は、教育の世界では、既に一般的な言葉になっています。
その「黄金の3日間」をどのように過ごすべきなのか、実力派の先生方が、「実際に教室で効果があった方法」を、「進行台本」という形で教えてくださっています。
【内容】
◆学級経営編
小学校 クラスの「仕組み」の作り方
小学校 クラスの「ルール」の作り方
中学校 高学年~中学生の心をつかむ「出会いの日」の進行台本
◆授業準備編
国語  -授業びらき進行台本-
算数  -授業びらき進行台本-
社会  -1年間の進行台本-
理科  -1年間の進行台本-
体育  -1年間の進行台本-
外国語  -1年間の進行台本-
道徳  -1年間の進行台本-

4月号は「永久保存版! TOSS授業技量検定高段者の国算授業」です。

4月号の教科実践ページは、2017年度に引き続き、「4,8,1月号限定 TOSS授業技量検定高段者の国算授業」を掲載いたします。
1年 手塚美和先生(算数)
2年 谷和樹先生(国語)
3年 河田孝文先生(算数)
4年 甲本卓司先生(国語)
5年 松崎力先生(国語)
6年 木村重夫先生(算数)
いずれも超実力派の先生方が、4月の初めにふさわしい授業実践を展開されています。
2017年度は国語と算数を1ページずつ書いていただいていたのですが、本誌編集長でもある谷和樹先生の提案で、2018年度はどちらかの教科を、見開きを使ってたっぷり語っていただく形式に改めました。
尚、「デジタル・トークライン」には、谷和樹先生の模擬授業の動画を掲載しています。

向山行雄先生「新時代の学校物語」がスタートします。

管理職の立場からさまざまな提言を語ってくださっていた向山行雄先生の連載「平成の教育学」が、2018年度よりテーマを一新しました。
「新時代の学校物語」と題し、昭和、平成そして、新たな時代の学校教育について語ってくださいます。
第1回目の今回は、終わりゆく平成という時代について、天皇陛下、皇后陛下などの皇族方との関わりを軸に、振り返っていきます。
向山行雄先生の新しい連載にご期待ください。

新連載!「長谷川博之の圧倒的実践日誌」

中学校で圧倒的な実践を繰り広げている長谷川博之先生の新連載がスタートします!
その名も「長谷川博之の圧倒的実践日誌」です。
・荒れている学校、荒れているクラスを1年で立ち直らせた。
・勉強が苦手で反抗的な生徒が、進んで授業を受けたがるようになった。
・ほとんど試合で勝ったことのない部活の生徒たちにやる気を出させ、大会で勝てるようにした。
そんなドラマのような実践を現実に行っている長谷川先生が、渾身の筆致で書き上げます。
4月号の内容は「自習を一切作らない取り組み」についてです。
長谷川先生は、こう述べます。
「生徒の不利益の上に教師の利益を構築しようとする旧文化を撲滅する。」
生徒のことを第一に考え、学校を改革していく長谷川先生の実践日誌。
ぜひ、ご期待ください。

「デジタル・トークライン」は豪華コンテンツぞろい!

「デジタル・トークライン」4月号
【CONTENTS】
1、向山語録 "でもコンピューターというのは機械です。大事なのはそのことを考える人間です。"
2、谷編集長の5minアンサー「学級崩壊をさせない法則―黄金の三日間から始まる年間の見通し―」
3、高段者に聞く Q&A! "伴一孝先生の「学級崩壊させないための黄金の三日間」
4、4.8.1月号特別企画!あの高段者の国語・算数授業 谷和樹先生・国語授業動画:「ふきのとう」
5、特集:四月初めに何をしたらいいのか?とっておきの進行台本
6、デジタル・トークライン連動企画! デジタルでダウンロード、本誌で解説。
7、大成功の絵画工作指導(カラー画像)
8、今月のサークル動画
9、本誌掲載論文の関連カラー画像
    ①写真で解説!TOSS流板書術・ノート術
    ②授業が激変!TOSS指導法 最前線
    ③「基礎基本の授業例」と「ALの授業例」
    ④人気女性ライター トークラインここだけの裏話
10、本誌PDF
11、今月の表紙人物(佐藤一斎について・水川勝利)

※コンテンツをご利用になるには、本誌に掲載されたパスワードが必要です。

この商品に対するお客様の声

商品コード:
911804
サイズ係数:
53
重さ係数:
181

教育トークライン誌2018年4月号 バックナンバー

750 円(税込)
大変申し訳ありませんが、お客様のご都合による商品の返品は受け付けておりません。
詳しくはこちらをご覧ください。
TOPに戻る