商品コード:
911810
サイズ係数:
53
重さ係数:
181

教育トークライン誌2018年10月号 バックナンバー

750 円(税込)
個数
恐れ入りますが、お客様のご都合による商品の返品は承りかねます。詳しくはこちらをご覧ください。

この商品についてのお問い合わせは、上の「お問い合わせ」ボタンをクリックしてください。どうぞお気軽に!

こちらはポスト投函可の商品です。

詳しくはこちらをご覧ください。

ポスト投函でのお届けをご希望の場合は、カートの中にはポスト投函可商品のみを入れ、
【サイズ係数合計:200、 重さ係数合計:900】以内としてください。

※こちらは1冊毎のバックナンバー販売ページです。年間購読はこちらからどうぞ。

~『教育トークライン』とは~

『教育トークライン』誌は、先生のための教育総合情報誌です。
“明日の授業にすぐに役立つ”情報から、これからの教育界を先取りした最新情報まで、幅広い情報を先生方にお届けします。

「すべての子供の学力を保障する」

このスローガンを掲げ、すべての子供が等しく高いレベルの教育を受けられるように、教育技術や教育情報を共有するための雑誌として、『教育トークライン』誌は誕生しました。
1989年の第1号発行より、多くの先生方の応援を受け、定期購読誌として発展してきました。

●『教育トークライン』の内容
・向山洋一(TOSS代表)、向山行雄氏(全国連合小学校長会顧問)の貴重な論文
・“明日の授業ですぐに使える”情報や、最新の教育情報を知ることができる特集
・新任の先生でも、すぐに授業で試し、効果をあげることができる授業実践の紹介
・特別支援教育について、専門家や最前線で活躍する先生の、“困ったあの子にどう対応すればいいの?”という疑問を解決してくれる連載
など。

先生方の悩みが解消し、「明日、学校に行くのが楽しみになる」ように、『教育トークライン』誌は全力で応援しています。
学級経営や授業に悩んでいる先生、より良い教師になるために学びたい先生、ぜひ『教育トークライン』誌をご購読ください。

2018年10月号(No.502)は、「給食の時間を楽しく(ストレスゼロ)」の特集です。

2018年10月号(No.502)は、「給食の時間を楽しく(ストレスゼロ)」の特集です。

『教育トークライン』10月号は、「給食の時間を楽しく(ストレスゼロ)」の特集です。

給食は子供にとって、楽しみな時間になるはずの時間です。しかし、全国の学校では、給食を苦痛な時間にしてしまうような指導がなされているところが少なくないという報告があります。
『教育トークライン』誌の谷和樹編集長はいいます。
「無理に食べさせることが指導ではありません。なぜ、その食べ物が体にいいのか、バランスよく食べることがなぜ大切なのか、そういったことを、長い時間をかけて、丁寧に粘り強く教えるのが教師の仕事です。」

10月号の特集では、向山行雄氏に子供のころを振り返りつつ、管理職の立場から給食のあるべき姿を語っていただきます。また、給食を楽しくする方法から、全国の「信じられない給食指導」まで、給食に関する実態をたくさんの先生方に語っていただいております。

【内容】
1、給食奮戦記(向山行雄)
2、『大塚の教育』は給食指導の中にも「人間性の尊重」を溶かし込み、明文化していた(木村重夫)
3、誰もが満足する平等で優しいシステム(河田孝文)
4、ちょっとした工夫が、ストレスフリーの楽しい給食の時間をもたらす(水本和希)
5、おいしくて適量ならば、子供は給食を残さない!(堀田和秀)
6、東京都区部は恵まれている&豆料理と酸っぱい料理は不人気傾向(桜木泰自)
7、どこで作るかで味が変わる(片山育男)
8、地元の食材を給食で食べてほしい(森元智博)
9、食器洗浄をパンでさせる学校(西端信哉)
10、学校全体で、完食を強いる指導(小林智子)
11、給食指導は子供の一生を変える(川原雅樹)
12、完食を強制する交流学級担任(山田花子)
13、日本の給食指導は全く異質である(小野隆行)
14、未納給食費を教師が徴収するシステム自体がおかしい(松崎力)

10月号の巻頭論文は、給食に関する向山の提言です。

10月号の巻頭論文では、向山が「学校に来るのが嫌になるような指導は行き過ぎだ」という持論を展開します。
・弟の向山行雄氏の小学生時代の話。
・自身の話として、小学2年の時に脱脂粉乳の給食が学校で始まり、それが非常にまずかったこと。
・それでも、戦後間もない頃には貴重な栄養源で、保護者に感謝されていたこと。
・しかし、当時と現在とでは子供を取り巻く環境が全く違っているので、教師の指導も旧態依然としていてはいけないということ。
などなど、プライベートにまで踏み込んだ話をしています。
さいごに、ちょっとしたこぼれ話があります。
ちょっと心がほっこりするこの話を、ぜひ、実際にお読みください。

TOSS保険のコーナーは、習熟度別学習により起こったトラブルです!

教師のトラブルを解決するTOSS保険のコーナーは、今回、習熟度別学習により担任以外の先生の授業を受けた子供にまつわるトラブルです。
習熟度別学習で急激に成績が下がった子供の保護者から、「習熟度別学習の担当の先生を外してほしい」というクレームが来たという相談です。
TOSS顧問弁護士の中井光氏は、どのように回答しているでしょうか。
困っている先生方には必読のコーナーです!
和田孝子氏が自身で描いているかわいいイラストも必見です。

「デジタル・トークライン」は豪華コンテンツぞろい!

「デジタル・トークライン」10月号
【CONTENTS】
1、向山語録 「勝負焼けをした、授業焼けをした。そう言ったことを抜きにしてプロになろうっていうのはいかなる職業でも身につくってことはないです」
2、谷編集長の5minアンサー「授業の腕をあげる法則 第八条 確認の原則」
3、高段者に聞く Q&A! 堀田和秀先生 「道徳の授業ポイント」
4、特集:給食の時間を楽しく(ストレスゼロ)
5、デジタル・トークライン連動企画! デジタルでダウンロード、本誌で解説。
6、大成功の絵画工作指導(カラー画像)
7、今月のサークル動画
8、本誌掲載論文の関連カラー画像
①写真で解説!TOSS流板書術・ノート術
②授業が激変!TOSS指導法最前線
③現在進行形の教科書単元
④「基礎基本の授業例」と「主体的で深い学びの授業例」
⑤授業技量向上の法則
⑥人気女性ライター トークラインここだけの裏話
9、本誌PDF
10、今月の表紙人物(明石元二郎について・水川勝利)

※コンテンツをご利用になるには、本誌に掲載されたパスワードが必要です。

この商品に対するお客様の声

商品コード:
911810
サイズ係数:
53
重さ係数:
181

教育トークライン誌2018年10月号 バックナンバー

750 円(税込)
個数
恐れ入りますが、お客様のご都合による商品の返品は承りかねます。
詳しくはこちらをご覧ください。
TOPに戻る