現在のカゴの中

0 (0点)
カートの中を見る

カテゴリから検索

商品名から検索

商品カテゴリー

(お知らせ)送料・お支払い方法のご案内
海外発送についてのご案内
(お知らせ)お問い合わせについて

豊かな心・健やかな体を育む教材

商品コード: 141100~145100
商品名:

スーパーとびなわ(21cmグリップ)

価格: 750 円(税込)
(通常価格: 750 円(税込))
とびなわ色
個  数
※商品についてのお問い合わせはこちらから受付ています。お気軽にどうぞ♪
※商品のご返品についてはこちらをご覧下さい

カゴに入れる




子どもが二重跳びできるかどうかは教具と指導法で決まります。
すぐれた教具を使うことは、極めて重要です。

スーパーとびなわは長い木製の柄(21cm)が特徴です。
握りやすいグリップ、だから回しやすいんです。


またハトメとワッシャーが柄の中でロープのねじれを防ぎます。

中がつまった4ミリビニールロープが回転を速くします。
それと同時にロープが切れません。

色は青、赤、緑、黄、黒の5色。
ロープの長さはフリーサイズ。

全学年に対応しています。
(幼児はグリップの短い上級用をお求めください)

また向山式なわとび級表が付属します。

※15本ご購入につき1本プレゼントいたします
 お色はこちらで選ばせていただきます

※ロープの長さ調整には「ペンチ」をご用意ください。


100万人以上の子どもと大人が使っています!

魔法のとびなわとも言われています。

次のような特徴があります。

①長くて握りやすい木製のグリップ
②中がつまった厚さ4ミリのビニールロープ
③ハトメとワッシャーによるなめらかな回転


子どもは手首の動きだけで、楽にロープを回せます。

スーパーとびなわは、二重跳び達成のための重要な動きを引き出します。

クラスに二重とびの出来ない子が12人いました。

この子たち全員が、「向山式なわとび級表」を活用することで二重とびが出来るようになりました。

まず級表AとBからカードを作成。
2人1組で跳べた箇所までカードに色をぬらせます。

次の段階ができたら、ロープにビニールテープを貼ります。
(TOSSなわとびチャレンジシールが便利です)

あとはクラス名簿表を使って、自分が到達した級までマーカーなどでぬらせます。

これだけで何も言わずとも子ども達は不思議なくらい熱中します。

「二重跳びが10回できた!」

「あやとびが30回いった!」

と興奮した顔が飛び込んできます。

ご注意!!

スーパーとびなわを使っている先生から縄の回りが悪いという声をお聞きしました。
ご自身で調整する片方のロープは、調整後ハトメから5cm以内で切り取って下さい。

グリップの中にロープを長く残してしまうと、ロープがつまって回りにくくなってしまいます。

・グリップ内のロープの長さは5cm以内に切ってお使いください(1)
・ロープをグリップの中で結わえないでください(2)
・またグリップ内のロープが長いとうまく回転しません(3)

安心と信頼の日本製・グリップは無塗装の天然木

スーパーとびなわは花とみどりのまち、木の里富山県南砺市で製造されています。
職人が1本ずつていねいに作っていますので、安心してお使い頂けます。
天然のブナ材でできたグリップは無塗装ならではの手触りです。
丈夫で手によくなじみ、ロープのみの販売も行っておりますので、長くお使い頂けます。

※グリップは自然の木材から作っているので、自然の木目(まだら模様や線など)がある場合があります。
これは自然林を無駄なく利用するため、また、少しでも手頃な価格で商品をご提供するためです。
何卒ご理解ください。

ロープの調整方法

■準備するもの:スーパーとびなわ・ペンチ

1)準備します。
とびなわを袋から出します。片方の端はハトメで固定されています。もう片方は固定されていません。

2)長さを調整しハトメをつぶします。
 ① 固定されている方のグリップを右手で持ちます。
 ② 左足でロープを踏み、グリップの両端が胸のところにくるように、長さを決めます。
 ③ 固定されていない左手側のグリップを先生または保護者の方が持ちます。ロープの端からワッシャーを先に入れて、ハトメを移動させ、ペンチでつぶします。

※ロープを長めにすると、あやとびなどの交差系の技がやりやすくなります。逆に、ロープを短めにすると、二重とびなどの多重回旋系の技がやりやすくなります。

3)余分なロープを切ります。
 ハトメから5cm以内のところでロープを切ります。
 長く残すと縄の回りが悪くなります。

※ご注意!
必ずペンチでハトメをつぶして、長さを調整して下さい。
絶対に結び目などでは調整しないで下さい(結ばない)
▲このページのトップへ
© 2002-2014 The Tokyo Institute of TOSS.
All rights reserved.