商品コード:
911806
サイズ係数:
53
重さ係数:
181

教育トークライン誌2018年6月号 バックナンバー

750 円(税込)
申し訳ございませんが、ただいま品切れ中です。
恐れ入りますが、お客様のご都合による商品の返品は承りかねます。詳しくはこちらをご覧ください。

この商品についてのお問い合わせは、上の「お問い合わせ」ボタンをクリックしてください。どうぞお気軽に!

こちらはポスト投函可の商品です。

詳しくはこちらをご覧ください。

ポスト投函でのお届けをご希望の場合は、カートの中にはポスト投函可商品のみを入れ、
【サイズ係数合計:200、 重さ係数合計:900】以内としてください。

※こちらは1冊毎のバックナンバー販売ページです。年間購読はこちらからどうぞ。

~『教育トークライン』とは~

『教育トークライン』誌は、先生のための教育総合情報誌です。
“明日の授業にすぐに役立つ”情報から、これからの教育界を先取りした最新情報まで、幅広い情報を先生方にお届けします。

「すべての子供の学力を保障する」

このスローガンを掲げ、すべての子供が等しく高いレベルの教育を受けられるように、教育技術や教育情報を共有するための雑誌として、『教育トークライン』誌は誕生しました。
1989年の第1号発行より、多くの先生方の応援を受け、定期購読誌として発展してきました。

●『教育トークライン』の内容
・向山洋一(TOSS代表)、向山行雄氏(全国連合小学校長会顧問)の貴重な論文
・“明日の授業ですぐに使える”情報や、最新の教育情報を知ることができる特集
・新任の先生でも、すぐに授業で試し、効果をあげることができる授業実践の紹介
・特別支援教育について、専門家や最前線で活躍する先生の、“困ったあの子にどう対応すればいいの?”という疑問を解決してくれる連載
など。

先生方の悩みが解消し、「明日、学校に行くのが楽しみになる」ように、『教育トークライン』誌は全力で応援しています。
学級経営や授業に悩んでいる先生、より良い教師になるために学びたい先生、ぜひ『教育トークライン』誌をご購読ください。

2018年6月号(No.498)は、「日本の英語教育「失敗の本質」を探る」の特集です。

とうとう、小学校での外国語教育が、新学習指導要領移行期に突入しました。
そんな折、『教育トークライン』では、「諸外国に比べて遅れていると言わざるをえない」と言われる日本の英語教育について、根本から考えていきます。
学習指導要領に入る以前から英語教育に力を入れてきた「トップランナー」の先生方が、さまざまな角度から英語教育について語っていきます。

【内容】
1 方針は口でいくらでも語れる。しかし、授業という形で語れるものはTOSS型英会話だけだ
2 学んだことはできる。学んでいないことはできない
3 「やり取り」を重視した指導が子供に英語力を付ける
4 2文のやり取りの積み重ねで自由に会話
5 世界の最先端の情報は英語で発信されている
6 「今、なぜ英語が必要なのか」英語により自分の世界が広がる
7 「英語」は世界に通用する人材の必須条件
8 「英語は話せて当たり前」の世界の国々の子供たちと、同等に渡り合える子供を育てる
9 相手のニーズに応えられるようになるのがTOSS型英会話指導法である
10 自動翻訳により英語教育は無用のものになるか
11 子供に自信を付けるパフォーマンステスト
12 英語は実技! パフォーマンス評価を取り入れる
13 まずは、教師がICTを使って英語を学習する
14 タブレットPCで写真を提示、お薦めの旅行スポットを知らせる
教育トークライン誌2018年6月号 バックナンバー

谷和樹編集長による、アメリカ視察旅行で得た最新情報大公開!

6月号の「TOSS最前線! 最新の教育情報がここにある!!」は、谷和樹編集長による、アメリカ視察旅行で得た最新情報です!
今年3月下旬より、『教育トークライン』誌の谷編集長は恒例となりつつあるアメリカのミシガン・ボストンへの視察旅行に行きました。
毎回、視察旅行からたくさんの学びを報告される谷編集長ですが、今回はアメリカの幼児教育について、現地に行った人にしか知りえない最新情報を提供してくれました。
タイトルは「アメリカの幼児教育はエビデンスを基に進められている」
必読の内容です!
教育トークライン誌2018年6月号 バックナンバー

特別支援教育のコーナーは、6月号も教室で使える知識が満載です!

『教育トークライン』特別支援教育コーナーは、毎回充実の内容です。
6月号では、学校現場から特別支援教育を語る小嶋悠紀氏(長野県・小学校教諭)と、専門家の立場で作業療法を教える福田恵美子氏(作業療法士・障害科学博士)が、それぞれ「座り続けること」の困難さについて言及しています。
教師の立場から語る小嶋氏は、「その子に合った教材を用意する」(学習困難性)、「授業の中に動きを取り入れる」(ADHD)など、教師としての対応方法を教えてくれます。
専門家の立場から語る福田氏は、子供の発達過程と脳の成熟状態との関係にふれ、座位姿勢を保つために必要な脳や体幹の状態を教えてくれます。その上で、学校生活でできる座位の耐久性を高めるトレーニングを紹介してくださいました。
その他にも、宮尾益知ドクター(どんぐり発達クリニック院長)の「素行障害」へのアドバイスや、小野隆行氏(岡山県・小学校教諭)の「字の形がなかなか整わない」子供への対処法など、ためになる情報をお届けしています。
教育トークライン誌2018年6月号 バックナンバー

「デジタル・トークライン」は豪華コンテンツぞろい!

「デジタル・トークライン」6月号
【CONTENTS】
1、向山語録 「阿波踊り、4つの段階でできています。」
2、谷編集長の5minアンサー「荒れ始めた教室を立て直す教師」
3、高段者に聞く Q&A! 和田秀雄先生の「タイムマネジメント術」
4、特集:日本の英語教育「失敗の本質」を探る
5、デジタル・トークライン連動企画! デジタルでダウンロード、本誌で解説。
6、大成功の絵画工作指導(カラー画像)
7、今月のサークル動画
8、本誌掲載論文の関連カラー画像
①写真で解説!TOSS流板書術・ノート術
②授業が激変!TOSS指導法最前線
③現在進行形の教科書単元
④「基礎基本の授業例」と「主体的で深い学びの授業例」
⑤授業技量向上の法則
⑥人気女性ライター トークラインここだけの裏話9、本誌PDF
10、今月の表紙人物(児玉源太郎について・水川勝利)

※コンテンツをご利用になるには、本誌に掲載されたパスワードが必要です。

この商品に対するお客様の声

商品コード:
911806
サイズ係数:
53
重さ係数:
181

教育トークライン誌2018年6月号 バックナンバー

750 円(税込)
申し訳ございませんが、ただいま品切れ中です。
恐れ入りますが、お客様のご都合による商品の返品は承りかねます。
詳しくはこちらをご覧ください。
TOPに戻る